来場予約
資料請求

デザイン

外観

未来へつづく、

河畔のランドマークをめざして。

落ち着いたアースカラーは、河畔の静寂と調和するために。
ガラスの透明感やシャープなフォルムは、洗練された暮らしを物語るため。
昼には風合いのある素材が光を受けて際立ち、夜には暖かな灯りが川面に映り込みます。
街の景観をつくる開放的なリバーサイドだからこそ、
揺るぎない気品や端正な佇まいを追求しました。

イメージ1
イメージ2
図

ひらけた視界や眺めと一体になるポジショニング。

この地は、甲突川の向こうに桜島を一望にするビューポイント。目の前の甲突川は約120mの川幅を有し、眺めの良さと開放感を感じる地です。私たちは、この立地を最大限に活かすために、建物全体を桜島方向にレイアウトし、リビング正面から桜島を臨むように工夫(※一部除く)しました。

※川幅は鹿児島市都市計画図を基に計測したものであり、実際とは異なる場合があります。

エントランス

レジデンスの品格を謳う、

瀟洒な門構えであること。

環境と調和することで、住まいは年々豊かな風韻を刻む。
四季折々の緑や風格ある石積みがつづくエントランスは、
自然美が息づくこの街と共鳴し、住まう方や訪れる方を温かく迎え入れます。
エレガントな庇が、奥行きのある空間のアクセントとなり、
人の心をやさしく導く安らぎのプロローグを演出。
吟味されたディテールはこだわりのデザインを纏い、いっそう輝きを増します。

イメージ

エントランスホール

圧倒的な開放感に癒され、

憩う、吹抜けのホール。

静謐で落ち着いたエントランスから一歩入ると、
ダイナミックな吹抜けのホールが広がります。
高級感溢れるアクセントウォールや、光降り注ぐ高窓、
緑を眺める窓を設え、ギャラリーのように開放的で上質な風合いを追求。
伸びやかな空間を華やぎで満たし、住まう方やお客様をエスコートします。

イメージ
来場予約
資料請求

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描いたもので、実際とは異なります。各種機器・配管・素材等および電柱・架線・標識等は一部省略および簡略化しており、実際とは異なります。
※掲載の植栽計画は計画段階のものであり、今後変更になる場合があります。